Critik

ノンフィクションとサイエンス系中心の書評ブログ。

【書評】未来の年表 人口減少日本でこれから起きること/河合雅司

人口将来推計を用いた未来経済の予測方法がある。ある問題に対して何の対策も行わなかった場合、もしくは対策を実施したが効果が得られなかった場合、この方法でほぼ確実に起こりうることを予測できるわけだ。 戦争や天災などの有事が発生した場合を除いて、…

藤田孝典氏の『貧困世代』を読んで思ったこと。

確かに日々生きにくさというのを自分も感じている。 この「生きにくさ」というのは漠然としているので、それを少し言葉にしてみる。 たとえば、病気や事故、介護、子育て等によって一時的に自分が離職し、再度在職時と同じ条件で社会復帰できるのか?という…

読みたくなる書籍のテーマはいつも偏る件。

これまでいくつかの選書方法というのを試してきた。 しかし自分が読む書籍の選書方法というのは、大きく分けて2通りしかないと思う。 「自分で選ぶ方法」と「他人に選んでもらう方法」。 これら双方には良い点・悪い点あると思うので、各々簡単に触れていき…